相互オナニーを続けていた男性に誘われるままにホテルへ

 オナニー鑑賞をする、逆にオナニー鑑賞をされる相互オナニー、ハチャメチャな興奮が、そこにはありました。
男の人の肉棒は、とても大きくなっていました。
オナニーをしている姿を見たのは初めてです。
凄い興奮でした。
私も、乳首を触るところも見せちゃったし、オマンコ触るところまで…。
深すぎる悦楽が、さらに、乳首開発への焦がれを強くしてしまった感じです。

 

 相互オナニーを続けていた尚之さんに誘われるがままに、ついに待ち合わせを決めてしまいました。
怖さもありました。
でも、それ以上に期待感がとっても強くって、いっぱい触られたいって妄想がすごかったんです。
通話した通りの人で、安心できました。
お茶を飲みながら、しばらくお話をした後、ホテルへ行くことになりました。

 

 とっても熱いディープキスから始められました。
とろけるような気分を味わってしまう私。
いつしか彼の手が、私のDカップの乳房を触っていました。
男の人の手で触られる気持ち良さ。
男性経験がない私にとって、それは計り知れない衝撃でもありました。
ちょっとずつ裸にされてしまうんです。
「とても形の良い、大きなオッパイだね。乳首もこんなにコリコリになっちゃって」
私がとっても好きな乳首を思いっきり触ってくれます。
そして乳首舐め、甘噛も…、エッチ声が次第に大きくなっていきました。

 

 チクニー好きの私の気持ちを、とっても大きく揺さぶってくれる方でした。
初めての肉棒も、いっぱい舐めてしまいました。
初体験となる挿入だったのですが、こちらは痛かったです。
でも、本当に貴重な経験ができました。
「乳首開発を、もっとこれからもやって行こうよ」
帰りがけに言われた時、思わず抱きついてしまいました。

 

 亜希斗さんとの交流も、ずっと続いていて、やっぱり誘われてしまったんです。
性的な部分で、興味が強くなってしまっていた私。
さらなる快楽や刺激を求める気持ちがあり、待ち合わせを決めました。

定番サイト登録無料

乳首責めが得意なセフレを探すならココ!!

page top